モアミザン堀の"独自解説!キネマブック"

映画を観た感想をつらつらと書くブログです。

#10 「トリプルX:再起動」

      f:id:more-mise-en:20170710003451j:plain

たまには新しい作品も。「トリプルX:再起動」

 

2017年、D.J.カルーソー監督作品。

主演はヴィン・ディーゼル

共演にトニー・ジャー、そして我らがドニー兄貴こと「宇宙最強の男」ドニー・イェン

 

 

またまたメジャー作品ですよ。

予告編でネイマールが出演していたので、記憶にある人もいるかと思う。

第1作から実に15年ぶりにヴィン・ディーゼルが復帰。

2作目はアイス・キューブが主演したが興行的に失敗し、3作目の話が立ち消えしてしまったという。

でも俺はアイス・キューブトリプルXも好きだ。

 

久しぶりに観て「こんなにエクストリームスポーツゴリ押しの映画だったっけ…」と疑問に思ったが、第1作からこんな感じでしたね…

という訳で、エクストリームスポーツ満載の楽しい映画だ。

少し前に公開された「X-ミッション」を彷彿とさせる(こっちが元祖か?いやでもあっちは「ハート・ブルー」のリメイクだしな…)。

 

制作陣が言ってた通り、某イギリスのスパイやボーン~のようなシリアス的な感じではないので、お気楽に観る事ができる。

でもあっちも面白い。「ゴールドフィンガー」とか好み。

 

また、共演にアジアの2大アクションスター、トニー・ジャードニー・イェンを迎えたことで、アクションの幅も広がった感じがある。

唯一不満があるとすれば、ドニー兄貴のアクションシーンが少なかったことだ。

これは由々しき問題である。

ソバット全然観てないぞ!どないなっとんねん!!!!

トニー・ジャーも然り。

もっと見せ場が欲しかった。

う~ん残念!

ここはマイナスポイント(偉そうだな…)。

 

と言うことで、ドニー兄貴を堪能したい方は「SPL」や「導火線/FLASH POINT」を観ましょう。

トニー・ジャーは「マッハ!!!」シリーズや今年公開された「SPL2」なんかがおススメ。

これらもいずれ紹介したいところ。

 

そして終盤、主人公達のピンチになんとアノ男が登場。

ここは最高に盛り上がった。

「そうきたか~!!」と思わず唸る演出。

(もしかしたら俺が「アノ男」が好きだからなだけかも知れんが)

これは観てのお楽しみということで…

 

出番は少ないながら、人を食ったような演技のサミュエル・L・ジャクソンには感服。

さすがは名優。

 

作品全体の印象としては、間を空けての続編ということで、お祭り感が非常に強い作品だったなあと感じた。

いい意味でも悪い意味でも。

THE 最近の映画って感じ。

どちらの意味で捉えるかは観た人次第だな。

俺は後者だ。

このお祭り感、オールスターなのが逆に見せ場を削ってしまい、非常にもったいなく感じた。

 

それでも楽しめる映画には違いないので、「なんか面白い映画ないかなあ」と思ったら観てみるのもアリ。

 

明日は今作にも登場した「アノ男」の映画を。

ちょっと語弊があるかな…

 

www.amazon.co.jp

 

▼弊社HPです

www.more-mise-en.com