モアミザン堀の"独自解説!キネマブック"

映画を観た感想をつらつらと書くブログです。

#12 「ブレインデッド」

 f:id:more-mise-en:20170711161030j:plain

 

今日は満を持してホラー映画「ブレインデッド」。

1992年、ピーター・ジャクソン監督作品。

はじめに、私はホラー映画の中でも、血が噴き出し手足が画面を飛び交うような 映画が大好きです。

なので、私が紹介するホラー映画は基本そんなのばっかりです。

予めご了承ください。

 

名前を見てピンと来た方もいらっしゃると思いますが、監督は後にロード・オブ・ザ・リングシリーズを作るピーター・ジャクソン

オーストラリア時代にこんな傑作を作ってたんですねえ。

 

25mプール一杯分の血糊を使用した事で知られる本作、それはそれはもうすごい描写の数々。

序盤中盤はそこまで盛り上がらず、静かに進行していく。

そして終盤に全てが爆発する。

そのテンションたるや圧巻の一言。

 

全体的にコメディタッチなので、笑いながら観ることができる。

リアクションから演出まで、やり過ぎなのに面白い。

また、時代が時代なので(意図してる部分もあるかも知れない)、特殊メイクはしょぼい。

ジャケットにいる赤ん坊も作り物感満載。

ただ、しょぼいからこそ安心して笑って観る事ができる。

リアルだったら笑うに笑えん。

「ホラーとコメディは紙一重」を見事に体現している映画である。

 

あと、ジャケットに写ってる美人のナースは本編に出てきません(笑)。

ナース自体はちゃんと出てきて、重要な役割なので必見。

他にもカンフー神父やら魅力的なキャラクターがいっぱいなのも面白い。

 

ラスト30分はホラー映画史に残ると言っても過言ではないと思う。

とにかく爆笑必至、阿鼻叫喚の地獄絵巻である。

描写に耐性があるのであれば、観て損はない大傑作。

 

これからの季節、背筋が凍える映画もいいですが、たまにはこんなテンション高めなホラー映画もいかがでしょう。

 

Amazon | ブレインデッド [DVD] | 映画

 

▼弊社HPです

www.more-mise-en.com