モアミザン堀の"独自解説!キネマブック"

映画を観た感想をつらつらと書くブログです。

#番外編 映画音楽PART1

はい、今日は番外編です。

 

今回は「映画音楽」について触れてみたいと思います。

 

日ごろよく聴くあの曲、実は映画のテーマ曲だったというのもたまにあります。

そんなものをつらつらと書いていきます。

 1.大脱走のテーマ

www.youtube.com

恐らくほとんどの人が聴いたことがあるであろうテーマ曲。

映画音楽の巨匠エルマー・バーンスタイン作曲のこの曲は、日本ではトクホ 胡麻麦茶のCMで使われていた。

一人二役を演じたスティーブ・マックィーンのカッコよさが光る今作。

何から何まで面白いので是非おススメする。

 

2.史上最大の作戦のマーチ

www.youtube.com

これもなかなかに有名な曲。

何かのCMで使われていたと思うが、残念ながら失念…

映画はジョン・ウェインヘンリー・フォンダロバート・ミッチャム、さらにはショーン・コネリーなんかも出ていてオールスターだったが、いかんせんパッとせず。

映画の規模的には史上最大だったかも知れんが、面白さでは史上最大とはいかなかったようだ。

 

3.第三の男のテーマ

www.youtube.com

これも知らない人はいないでしょう。

オーソン・ウェルズ主演の映画「第三の男」のテーマ曲。

エビスビールのCMでリミックスされつつずっと使用されている。

映画は残念ながら未観賞。

 

4.続・夕陽のガンマンのテーマ

www.youtube.com

マカロニ・ウェスタン、ひいては西部劇映画全体で見てもトップクラスに有名な曲。

作曲は巨匠エンニオ・モリコーネ

名作「ニュー・シネマ・パラダイス」のテーマ曲もこの人。

映画自体もマカロニ・ウェスタンの名作中の名作。

高校時代に「夕陽のガンマン」と合わせて観て、衝撃を受けたのを今でも覚えている。

 

 

超有名曲をざっとご紹介したので、続いては作曲者ごとに紹介していこうと思います。

 

ジョン・ウィリアムズ

知らない人はいないであろう映画音楽の巨匠。

スピルバーグジョージ・ルーカス作品でよく知られている。

代表作には「スター・ウォーズ」、「インディ・ジョーンズ」「ジョーズ」など超大御所が勢揃い。

ここでは、映画音楽に革命をもたらしたであろう、この曲を紹介。

www.youtube.com

 

ハンス・ジマー

ジェリー・ブラッカイマー作品によく関わっているお方。

壮大かつキャッチーな曲調が特徴で、ブラッカイマー作品に合っているのかもしれない(とくにマイケル・ベイ)。

代表作には「バックドラフト」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「ブラックホーク・ダウン」など。

しかし、ハンス・ジマー、ブラッカイマーと言ったらこの作品、この曲しかないでしょう!

www.youtube.com

 

マーク・マンシーナ

楽曲の有名さの割にあまり有名ではない方。

YESやEL&Pのアルバムでプロデュースをやってたりする。

代表作は「スピード」、「バッドボーイズ」、「ツイスター」など。

「スピード」のテーマは「スピード2」で小室哲哉がリミックスしたことでも話題に。

でもやっぱりオリジナルだよね。

www.youtube.com

 

久石譲

まあ知らない人は居ませんよね。

ジブリ北野映画に関わりが深いお方。

ここでは北野映画のこの曲を。

www.youtube.com

 

おまけ

■ジョン・アディソン

全然有名な方ではないですが、大好きな作曲家。

www.youtube.com

映画「遠すぎた橋」のテーマ曲。

アメリカの戦争映画でありがながら、当時としては珍しい「負け戦」を映画化した作品。

テーマ曲も前述の「史上最大の作戦」とは少し違う、勇ましさもありながらどこかもの哀しさを秘めた曲調。

その昔この作品に出会い、映画、音楽ともに惹きこまれた思い出。

いつかこの映画も紹介したいところ。

 

以上、映画音楽/テーマ曲特集でした。

言われてみれば確かに聴いたことある、といった曲もあったかと思います。

本来は1記事でまとめてしまう予定だったのですが、思いの外ボリュームが出ちゃったので、次回はPART2として劇中曲なんかの紹介もしていければと思います。