モアミザン堀の"独自解説!キネマブック"

映画を観た感想をつらつらと書くブログです。

#21 「ザ・グリード」

       f:id:more-mise-en:20170725160321j:plain

今日は傑作B級モンスターパニック「ザ・グリード」。

1998年、スティーブン。ソマーズ監督作品。

のちに「ハムナプトラ」を監督する人ですね。

この映画、演出というか構成というか、その辺が非常にうまい。

モンスター映画ではあるが、前半はモンスターがなかなか姿を現さない。

ちょっとホラーチックに仕上がっている。

テンポもよく、飽きさせない作り。

 

中盤、ようやく姿を現せば怒涛の勢いで襲い掛かってくる。

CG感は満載だけど全く気になりません。

というか勢いが凄くて気にする暇がない。

 

モンスターが魅力的すぎて興奮しっぱなしであります。

「グリード(強欲)」の名に恥じず、船の乗客3000人をペロリと平らげてしまいます。

(残念ながらそのシーンはなし…)

 

登場人物も魅力的。

ほぼ全員悪人というのも面白い。

 

主人公フィネガン役はトリート・ウィリアムズ

B級映画にばかり出演されているお方。

その昔「ゾンビ・コップ」なる映画で、ゾンビになって体が腐っていく刑事を演じたりもしてました。

 

他にも「ブラッド・ダイヤモンド」でアカデミー助演男優賞にノミネートされたジャイモン・フンスーも出演してます。

確かモンスターに襲われることなく斧で頭かち割られてあっさり死んだ記憶が…

 

あとは、シュワちゃんと戦ったり、ウィリスに協力したりと方々で大活躍しているアラブ人クリフ・カーティスも出演している(「トゥルー・ライズ」で人間ミサイルにされた人ね)。

でもこの人本当はマオリ族

 

そんな感じで演出よし、テンポよし、キャラも際立っていて本当に面白い。

また、たまにある地上波では素敵な吹替も楽しめるのでこれも必見。

 

唯一、唯一欠点を挙げるとしたら、

観る手段がかなり乏しいという点。

DVDが販売されておらず中古のみ、中古でも9000円台…

レンタルなんてもっての外である。

 

ともあれ、俺は今作以上に面白いB級モンスター映画は知らない。

「何か面白いモンスター映画ない?」と聞かれたら迷わずこれを推す。

そもそもなかなか観ることが出来ないという点においても、見つけたら絶対に逃してはいけない作品。

amzn.to

 

▼弊社HPです

www.more-mise-en.com