モアミザン堀の"独自解説!キネマブック"

映画を観た感想をつらつらと書くブログです。

#37 「導火線 FLASH POINT」

f:id:more-mise-en:20170825183718j:plain

またまた日が開いてしまいました…

今日みたいな暑い日はアツい映画「導火線 FLASH POINT」。

2007年、ウィルソン・イップ監督作品。

出演は我らがドニー兄貴ことドニー・イェン、ルイス・クー、コリン・チョウ。

 「SPL/狼よ静かに死ね」に続く香港ノワールです。

とにかくアクションが素晴らしい映画です。

一番の見所はアクション。

 

大ボストニー役にはコリン・チョウ。

分かる人は分かるが、この人「マトリックス リローデッド」なんかにも出てます。

そしてドニー兄貴に負けず劣らず強い。

この二人の激突は映画史に残るバトルシーンと言っても過言ではありません。

 

香港アクション映画界で今一番輝いているのはやはりドニー兄貴でしょう。

でもハリウッドとかに行くとなかなか肉弾戦で魅せてくれる映画が少ないのでちと不完全燃焼…

 

この映画、前半ちょっとかったるい感じがしますが、それを我慢すればその後に待っているのは手に汗握る大興奮のバトル。

合間にコメディ的なシーンもあってなかなか笑えるので、我慢して観ましょう。

 

ドニー兄貴のソバットが存分に堪能できる作品となっておりますので、ドニー兄貴入門編に是非。