モアミザン堀の"独自解説!キネマブック"

映画を観た感想をつらつらと書くブログです。

#40 「ドラゴン×マッハ!」

       f:id:more-mise-en:20170904122923j:plain

今日は新しめの作品「ドラゴン×マッハ!

2015年、ソイ・チェン監督作品。

出演はトニー・ジャーウー・ジン、マックス・チャン。

 原題は「殺破狼2」で、ドニー・イェンサモ・ハン出演の「SPL/狼よ静かに死ね」の続編的タイトルがついてます。

でも作品のつながりはありません。

 

潜入捜査でヤク中になっちゃった警官と、その警官が収監されてきた刑務所の看守。

で、その刑務所では臓器売買が行われていた…

てな感じで刑務所からの脱出、臓器売買組織の壊滅させるためにタイを舞台にアツイ戦いが繰り広げられます。

 

刑務所での暴動は長回しでスゴイ面白い。

色んな所で大騒ぎ。

その中でウー・ジントニー・ジャースマホを巡るバトルが繰り広げられます。

 

そんなこんなで2人は手を組み、敵のボスがいる病院へ乗り込みます。

 

そのボスがマックス・チャン演じる刑務所長のコー。

この人が最っ高にカッコいい!

スーツ姿で涼しい顔してとんでもなく強い。

トニー・ジャーウー・ジンと2vs1で戦うけども、この達人2人をいとも容易くあしらってしまいます。

トニーさんの飛び膝蹴りをスッと体を反らして避ける姿には感動しました。

避けられる人いるんだ…

 

間違いなく本作で一番輝いていたのはマックス・チャンですね。

脇役もがっちり固まってます。

 

トニーさん演じるチャイの同僚にロー・ワイコン。

ウー・ジン演じるチーキットの叔父役にサイモン・ヤム。

この人が出ると画がしまる。渋い!

そして心臓が弱い臓器売買組織のボス、ホン役にはルイス・クー。

最初誰だか分からんかった…

 

そんなわけで、トニー・ジャーウー・ジンという2人の達人の技に惚れ惚れするとともに、そんな2人を物ともしない最強のマックス・チャンに酔いしれることの出来る作品です。