モアミザン堀の"独自解説!キネマブック"

映画を観た感想をつらつらと書くブログです。

#43 「GODZILLA」

  f:id:more-mise-en:20170911170314j:plain

今日はアノ怪獣映画ですよ!

GODZILLA

1998年、ローランド・エメリッヒ監督作品。

出演はマシュー・ブロデリックジャン・レノ

 2014年のギャレス・エドワーズ版だと思った方、ごめんなさい。

でもこっちの方が色々と書けそうなので、あえてこちらで。

 

言わずと知れた「走るトカゲ」ですね。

当時は平成ゴジラシリーズを観まくってた頃だったので、初めて観た時は違う意味で衝撃的でした。

恐らく大半の方そうだったと思います。

それから何年かして改めて観ると、「これは決してゴジラではない」としか頭に出てこなくなりました。

 

それからまた何年かして、もう一度観てみると、「あれ、意外と面白いんじゃないか?」と思えるようになってきました。

 

確かに何度観てもゴジラではない、あれはトカゲだという点に変わりはないんですが、悪くはないんですよね。

よく言われるように、ゴジラとして観なければ十分面白いです。

 

怪獣の概念が日米で違い過ぎたというのも、一部にはあるのかも知れないですね。

なので、あまり「ゴジラ」だと意識し過ぎずに観るとそれなりに楽しめます。

 

色々書けると思ったけど全然書けませんでした…

やはりそこまでの思い入れがなかったということか…