モアミザン堀の"独自解説!キネマブック"

映画を観た感想をつらつらと書くブログです。

#54 「サイクロンZ」

f:id:more-mise-en:20171005173545j:plain

今日は最近俺の中で香港アクション映画ブームが再び来ているので、その中から1本。

「サイクロンZ」

1988年、サモ・ハン・キンポ―監督作品。

出演はジャッキー・チェンサモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウ。

 

ジャッキーと言えば「プロジェクトA」や「ポリス・ストーリー/香港国際警察」などがありますが、当ブログとしてはこれを。

今現在、ジャッキー、サモ・ハン、ユン・ピョウの3人が共演した最後の作品。

しかもこの映画では三つ巴のバトルも観られます。

 

個人的にこの映画で一番(色んな意味で)輝いてたのはユン・ピョウだと思う。

真面目で思い込みが激しすぎて精神病院通い、融通の利かないアクの強い役柄www

しかしながら終盤の麻薬工場では存分に魅せてくれます。

クロバットなアクションは3人の中で一番すごかったと思う。

 

敵役のユン・ワーがホントに憎たらしい。

キャラ的には一番いい味出してます。

葉巻を吸いながら変な動きでチョロチョロしてるのがホントに腹立つ(笑)

 

そしてそして、満を持して登場するのが元キックボクシング世界王者ベニー・ユキーデ。

スパルタンX」でも魅せてくれましたが、今回もしっかり魅せてくれます。

 

この麻薬工場のシーンだけでも十分見る価値あります。

他にも船の上だったり色んな所で戦ってます。

 

3人最後の共演からもうすぐ20年、そろそろまた共演してほしいなあと思う今日この頃です・・・