自由気ままに独自解説!キネマブック

映画を観た感想をつらつらと書くブログです。

#63 「劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS」

  f:id:more-mise-en:20180114211626j:plain

久々のアニメーションです。

「劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS

 

 

2004年にTYPE-MOONからゲームが発売され、昨年新たな劇場版が公開されるなど根強い人気を誇る作品。

UNLIMITED BLADE WORKS(以下UBW)はTVアニメ版もありますが、劇場版の方が先に公開されてます。

劇場版はスタジオディーン制作。

2006年制作のTVアニメ第一弾もスタジオディーンですね。

 

そしてTVアニメ版UBWufotable制作。

stay nightの10年前が舞台の「Fate/Zero」を制作したところです。

 

さらに、2006年制作のTVアニメはFateルート(セイバーのルート)で、UBWは凛ルートのお話。

もっと言うと昨年公開のHeaven's feelは桜ルート。

劇場版やらTVアニメ版やら色々ありますが全部違う話なんですねえ…

 

話を戻して劇場版UBWについて。

 

ぶっちゃけるとこれ(劇場版)観るよりTVアニメ版観るのをおススメします。

決して面白くないわけではないんです。

UBWは一番好きなルートですし。

 

しかし、stay nightは結構な密度のお話しなので、それをたかだが1時間40分程度にまとめるなんて無理なわけで…

一つのルート読むのに20時間くらい必要とか言われてるんですよ…

結果どうなったかというと、はしょりまくりのダイジェスト版になってしまって、各キャラクターの描き方が中途半端で、何とも言えないまま終わってしまう印象。

原作プレイが前提条件の作品になってしまってる感じで、初見では終始ちんぷんかんぷんになること間違いなし。

 

ということで、ufotable制作のTVアニメ版を是非観ましょう。

あちらは2クール分あるのでそれなりに細かく描かれてます。

アーチャーvs士郎なんか挿入歌もあって涙モノですよ。

 

そんなこんなで、劇場版よりTVアニメ版の宣伝みたいになっちゃいましたが、決して見所がないわけではないので、TVアニメ版も観たけど劇場版も観てみたい人は是非。