自由気ままに独自解説!キネマブック

映画を観た感想をつらつらと書くブログです。

#69 「バトルシップ」

f:id:more-mise-en:20180921171733j:plain

今回は地上波で放送されると「コマンド―」並にTwitterが盛り上がるこちら

バトルシップ

2012年、ピーター・バーグ監督作品。

出演はテイラー・キッチュ浅野忠信

 これピーター・バーグ作品だったんか…

監督の他の作品と比べると結構娯楽色が強めですね。

 

同名のボードゲームが題材の、ユニバーサルピクチャーズ100周年記念作品。

浅野忠信が出演しているという事もあって国内での知名度は結構あるので、今更ストーリーは紹介しなくてもいいでしょう。

 

本作はとにかく画が派手。

あと個人的には青緑っぽいグレーディングが好みです。

 

夜間のブイを利用した敵の探し方なんかよく考えてるなあと感心。

 

しかし、やはり本作で一番の見所と言えば、戦艦ミズーリの雄姿でしょう。

本作の主役はアレックスでもナガタでもなく、このミズーリ

1944年に就役し、湾岸戦争にも参加したミズーリが、CGでもなく実際に動いているんだからグッと来ないはずがない。

(さすがに戦艦ドリフトかますところはCGですが)

しかも終盤でミズーリを動かす手助けをしてくれる退役軍人の皆さんは本物。

登場シーンは最高にアツくなれること間違いなし。

 

また、退役軍人のおじいちゃんが言った

「戦艦が簡単に沈むか!」は本作におけるベストワード。

他にも名セリフが目白押しなので是非とも観てほしい。

この辺が日本でウケている要因なのかも知れませんねえ。

 

そんな感じで、ハマる人にはとことんハマる本作。

観る時は是非チキン・ブリト―を用意しましょう。